保育士の求人と短時間勤務

今や全国どこの地域でも、保育園の不足及び保育士不足が暗い影を落としています。

施設の不足もさることながら、その保育園を支えるべき人材である保育士が不足している現状があるためです。

保育士の求人を出しても最低賃金しか出せないというところも少なくありませんでした。



景気回復とともに少子化対策に力を入れているところが、徐々に賃金を上げようとする動きが見られると言われています。

ただ、保育士不足の抜本的な解決にはまだほど遠い状況です。


賃金を上げたとは言っても、他の業種も同様に賃金を上昇させているわけで、求人を出してもなかなか応募がないという元凶に変わりがないと言えるでしょう。



保育園側としては正社員としてフルタイムでの働きが無理であれば、時短勤務などでやりくりしながら保育園を切り盛りしている現状もあり、今後もこの傾向は続くでしょう。


また、かつて保育士として働いていた人の中には、結婚、妊娠に伴って職を離れた人も少なからずいると推察されているわけです。
このため、こうした人材にまた現場で働いてもらうことが出来れば、人材不足が多少なりとも解消するのではないかと見られています。
現在は職を離れていても、また働きたいと思っている人はいるでしょう。



パートなどであっても働けるのであれば働きたいと思っている人も少なからずいると推察され、そうしたニーズをうまく拾うことが出来るかどうか、そのことも保育園の経営やその運営に少なからず影響を与えることは想像に難くありません。