保育士の求人「認可と認可外保育園の違い」

保育士として就職するために求人を見ると、保育園によって「認可」と「認可外」があることがわかります。


認可保育園というのは、職員数や児童数、施設の面積など国が定めた基準をクリアして、都道府県の知事に認可された保育園のことをさします。
この認可保育園には、公立と私立の2種類に分かれています。公立は、自治体が運営している保育園で、私立は株式会社や社会福祉法人が運営しています。
両方とも保育料の9割が国からの運営費によって成り立っているため、保育料が安いのが特徴です。

保育士の給料は、公立も私立も初任給の段階では、あまり差がありません。
しかし、公立に勤務している保育士には、勤続年数が上がるにつれてお給料は上がっていきますが、私立の場合は昇給や退職金手当などがないケースもあります。



そのため、保育士の求人では、公立の保育園に応募者が殺到しやすく、競争率が激しいです。認可保育ではない保育園は、認可外となります。



マンションなどの保育士の自宅などで預かるケースも認可外になります。また、会社内に設置されている社員の子どもを預かる保育室は、事業所内保育所とよばれ、認可外保育園の1種になります。

認可外保育園は、認可保育園とは違って運営費は子どもを預けている親が支払う保育料がメイン収入になるため、保育料は高めに設定されているのが特徴です。



認可保育園のような国の基準に合わせなくてもよいため、自由な保育スタイルが行えるのが魅力になっています。